欧州各地で行われているEURO2020予選。ドイツ代表は敵地でのベラルーシ戦に0-2で勝利した。

ルロイ・サネの先制ゴールも素晴らしかったのだが、それ以上に話題になっているは、守護神GKマヌエル・ノイアーのボールプレーだ。

それがこれ!

出た、出た!ノイアーの仰天プレー!

ゴールマウスを飛び出した場面。相手の方が速くボールに追いつくも、それを奪取したノイアーはゴールライン際で華麗かつ冷静なボールキープを見せていたのだ。

近年は怪我もあり、衰えが指摘されているものの、やっぱり並のGKじゃない…。

【関連記事】大迫勇也、ノイアー相手にブチ込んだ“胸熱”ゴールがこれだ

この仰天プレーには、元アメリカ代表MFスチュアート・ホールデンも「ノイアーは相手選手のキャリアを終わらせちまった」と興奮気味にツイートしていたぞ!