『Metro』は5日、「リオネル・メッシの息子は、バルセロナがCLで敗れたあとリヴァプールファンになった」と報じた。

今季バルセロナはリーグ優勝を果たしたが、CLではリヴァプールに大逆転負けを喫し、コパ・デル・レイでも決勝でバレンシアに屈した。エルネスト・バルベルデ監督の解任の噂も出ていたほど。

そんな中、メッシの次男であるマテオは相当な強者になっているそうで…。

メッシは『TyC』のインタビューに対して以下のように話し、マテオは兄弟への対抗意識からレアル・マドリーのファンになっちゃっているとか。

リオネル・メッシ

「ティアゴは試合を見逃すことはないよ。

マテオもサッカーが好きだ。あらゆるシャツを着ているよ。

ただ、家でプレーしていると彼は言うんだ。『僕はリヴァプールから来た…バルセロナを倒した』と。

【関連記事】メッシを「神」にした、チャンピオンズリーグの5つの試合

コパ・デル・レイの決勝でバレンシアに負けた後にも言われたよ。『バレンシアは勝った。僕はバレンシアから来た』ってね。

テレビを見ているときも、彼はレアル・マドリーのゴールを喜ぶんだ。兄弟を困らせるためにね。彼はマドリーのファンなんだ」