今季限りでバイエルン・ミュンヘンを退団することが決まったハメス・ロドリゲス。

レアル・マドリーから2017年夏に2年のローンという異例の条件でバイエルンに加入したが、今季は20試合の出場に終わっていた。

そのためハメス・ロドリゲスの側から買い取りを行なわないようクラブに要請があり、バイエルン側がそれを受け入れたという。

保有権はまだレアル・マドリーが持っているものの、そのまま他のクラブに売却されると考えられている。

その移籍先はイタリア・セリエAのユヴェントスかナポリになるのではないかと伝えられているが…。

現在コロンビア代表に合流しているハメス・ロドリゲスは、メディアから「ナポリかトリノ、どちらが好み?」と聞かれてこう答えたという。

「分からないね、おそらくメデジンさ」とコロンビアの都市をあげた。

【関連記事】 CL衝撃敗退のユヴェントス、夏に獲得したい5人のスター

これからコロンビア代表の一員としてコパ・アメリカを戦うハメス。今夏の移籍先を探す上でも、この大会でのプレーは重要になりそうだぞ。