リヴァプールの優勝で幕を閉じた2018-2019シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ。

少し気が早いが、すでに来季のCL出場が決まっているチームを抑えておこう。グループステージへのダイレクトインが決定している26クラブはこちら。

▼マンチェスター・シティ、リヴァプール、チェルシー、トッテナム(イングランド)

▼バルセロナ、アトレティコ・マドリー、レアル・マドリー、バレンシア(スペイン)

▼バイエルン、ドルトムント、RBライプツィヒ、レヴァークーゼン(ドイツ)

▼ユヴェントス、ナポリ、アタランタ、インテル(イタリア)

▼PSG、リール、リヨン(フランス)

▼ゼニト、ロコモティフ・モスクワ(ロシア)

▼ガラタサライ(トルコ)、ヘンク(ベルギー)、レッドブル・ザルツブルク(オーストリア)、シャフタール(ウクライナ)、ベンフィカ(ポルトガル)

来季はグループステージにダイレクトインするチーム数がこれまでの22から26に増えた。このままなら、日本選手の参戦も増えるかもしれない。

【関連記事】 「UEFAチャンピオンズリーグ、最強の攻撃陣はどこだ!」

ただ、予選からCL本戦に勝ち上がることができるチームは10から6に減る

なお、2020年のCL決勝はトルコのアタテュルク・オリンピヤト・スタドゥで行われる。