トッテナムとの同国対決を制して、UEFAチャンピオンズリーグ優勝を果たしたリヴァプール。

ワンダ・メトロポリターノのピッチではMFアレックス・オックスレイド=チェンバレンも喜びを爆発させていた。

ただ、彼はこの優勝を古巣アーセナルに捧げると述べていたようだ。『Mirror』によれば、試合後のインタビューでこう口にしていたという。

アレックス・オックスレイド=チェンバレン(リヴァプールMF)

「元グーナーとして、これが全てのアーセナルファンにとってどんな意味を持つかのかは分かっている。

リヴァプールの自分たちにとってはとてつもないことだった。

でも、(自分は)かつてグーナーだったし、常にグーナーだ。

アーセナルに自分が残してきた全ての人達(友人たち)のために、この試合で成し遂げる必要があると個人的には思っていた。

彼らは全員僕らに勝ってほしがっていることは知っている。そうできて嬉しいよ」

グーナーとはアーセナルファンのこと。チェンバレンは2011~2017年まで所属したアーセナルで198試合に出場。

【関連記事】リヴァプールとアーセナル、両方に所属した6選手は誰だか分かるか?

決勝で下したトッテナムはアーセナルの宿敵だけに、古巣のためにも勝ちたいという気持ちがあったようだ。