クラブ史上初めてUEFAチャンピオンズリーグ決勝に進出したトッテナム。

準々決勝のマンチェスター・シティ戦では後半アディショナルタイムの相手ゴールがVARによって取り消されるという劇的な展開も。

一方、シティにとっては天国から地獄へ…という瞬間だった。ベルナルド・シウヴァもCL敗退はショックだったと認めたようだ。

『RTP』によれば、こう吐露していたという。

ベルナルド・シウヴァ(マンチェスター・シティMF)

「自分のキャリアにおいて、最も痛い敗戦かもしれない。

今年は僕らの年になると思っていたからね。

(優勝する)準備ができたと思っていたから。

それに、自分たちがよく知っているイングランドのチームに負けた。

近年は彼らよりも僕らのほうがいいチームであることが証明されていたと思う。

それだけに辛かった」

【関連記事】「マンチェスター・シティ、この夏に現金化しうる3選手」

国内3冠を達成したシティ。選手たちも今年は自分たちのものになるはず…と感じていたようだ。