『BBC』は29日、「チェルシーのMFエデン・アザールは、これでチームを離れるという意思を示した」と報じた。

アーセナルとのヨーロッパリーグ決勝で4-1とアーセナルを下したチェルシー。アザールは2ゴールを決める活躍で勝利に貢献した。

そして試合終了後、彼は以下のように話したとのこと。

エデン・アザール

「これがお別れだと思う。しかし、サッカーは何が起こるか分からない。

我々は数日で決断するだろう。僕が唯一考えていたのは、この決勝戦で勝利することだけだった。

おそらく今、新しいチャレンジをする時間が来たと思う。

僕の夢はプレミアリーグでプレーすることだった。そして、そこにある屈指のクラブでそれができた」

レアル・マドリーへの移籍を希望していると言われ、何度も今季限りでの退団を匂わせているアザール。

先日は川崎フロンターレとのワールドチャレンジに向けた風呂に関するインタビュー映像で「日本で会うのが楽しみ」と語っていたが…。

【関連記事】アザールが退団するなら…チェルシーが獲得すべき5名のアタッカー

契約は残り一年となっているが、チェルシーは補強禁止処分を受ける可能性が高いという状況。その中でどのように交渉が進んでいくのだろうか。