UEFAチャンピオンズリーグ出場権をかけて、チェルシーとのEL決勝に挑むアーセナル。

今季加入すると瞬く間に主力になったのが、ウルグアイ人MFルーカス・トレイラだ。

身長170cmに満たない小柄な体格ながら、エネルギッシュかつアグレッシブなプレーでプレミアリーグに順応してみせた。

『Telegraph』によれば、自身の好戦的なスタイルについてこう述べたそう。

ルーカス・トレイラ(アーセナルMF)

「それは自分の内側から出てくるものなんだ。この体からね。

自分はどんなボールに対しても100%を尽くすタイプの選手さ。

夢のために戦うのが好きなんだ。

身長が選手のことを妨げるようなものだとは思わない。

例えば、レオ・メッシのことを考えてほしい。

ピッチに出た時に最も大事なのは、動き、自信、そして大きなことを成し遂げるための欲さ」

CLというより大きな夢のために、チェルシー戦でも全力を賭すはずだ。

【関連記事】「身長150cm台で暴れるサッカー界の“四天王”」

そして、この夏のコパ・アメリカではおそらく日本代表とも戦うことになるだろう。