日本時間の本日未明、チェルシーとのUEFAヨーロッパリーグ決勝を迎えるアーセナル。

昨夏22年という長期政権を築いたアーセン・ヴェンゲル氏が退任し、スペイン人ウナイ・エメリ監督を迎えたがプレミアリーグは4位に。ELを獲ることで成功のシーズンだったと言えるものにしたいところだろう。

クラブにとって、エメリ監督がセビージャ時代にEL3連覇の偉業を成し遂げていることは何より心強いはず。そんな指揮官について、こんな動画が話題となっている。

映像は、エメリ監督がひたすら"Good evening"(こんばんは)と繰り返すもの。どうやらエメリ監督はインタビューに答える際、いつも挨拶をしてから喋り始めるようだ。

それだけ?と思われるかもしれないが、インタビューの際に挨拶してから話始めるというのは確かにちょっと珍しいかも。実際、動画には「サッカー界で最も礼儀正しい男の一人」という説明が記されていた。

ただスペイン人のエメリ監督にとって英語の発音は難しいようで、つぶやきには"Good ebening"(vがbになっている)という反応が幾つも。…われわれ日本人としてはやや耳が痛い。

【関連記事】チェルシーをEL決勝へ導いた、3つの「神ディフェンス」がこれ

チェルシー対アーセナルのEL決勝は日本時間の本日深夜4時にキックオフ。この模様はDAZNで独占生中継される。