『Sabah』は27日、「トルコ1部のフェネルバフチェは、ベルギーリーグの3名に注目している」と報じた。

今季トルコリーグで6位と成績が振るわなかったフェネルバフチェ。来季はより高いレベルのプレーができるよう、今夏は多くの補強を行うと考えられている。

そして現在注目しているのはベルギーリーグの3名で、鎌田大地(シント=トロイデン)、フランシス・アムズ(アンデルレヒト)、そしてムサ・ジェネポ(スタンダール)だという。

ただ、ムサ・ジェネポについてはおそらく2000万ユーロ(およそ24.5億円)以上が必要となると言われており、ヨーロッパリーグにも出られないフェネルバフチェにとっては厳しいターゲット。

フランシス・アムズについてはアンデルレヒトが基本的に放出を拒んでおり、鎌田大地は「より現実的」だとされている。

【関連記事】蘇りの地?トルコ「スュペル・リグ」でプレーした日本人

ただ、それでも鎌田大地はアイントラハト・フランクフルトが所有していることもあり、それなりに費用は必要になるだろうとのこと。