かつてASローマの王子として君臨したフランチェスコ・トッティ。

42歳になった彼がフットサルで見せた神業が話題になっている。

 

別角度から!ゴールに吸い込まれる美しいループ…。

目の前でヒールリフトをやられたトッティ。相手を追うこともしなかったが、その直後に素早いポジショニングからのダイレクトループで見事にゴールを奪ってみせたのだ!

一連の流れはまさに神展開…観客も総立ちになっていたようだ。

【関連記事】 フットサル界の神リカルジーニョ、その「引き技」が高速すぎて理解不能

これはクウェートで行われた「Al-Roudan Tournament」でのワンシーンで、トッティは3日間の滞在で参加していたとか。