アトレティコ・マドリーはフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンから来季からはプレーしないことを告げられたと発表した。

2014年にレアル・ソシエダからアトレティコに移籍したグリーズマン。昨年に契約を2023年まで延長していたが、この夏に退団して移籍することをクラブに告げたようだ。

【関連記事】 「禁断の移籍」を許して後悔した9つのケース

本人はメッセージ動画のなかで、「素晴らしい5年だった、全てをありがとう」などと感謝を口にしている。これまではバルセロナやPSGへの移籍が噂されていたが…。