ベルギー1部のシント=トロイデンは1日、公式ツイッターで「令和の書き方を遠藤航と木下康介とともに学んだ」と投稿した。

30年余続いた平成が4月末をもって終了し、5月1日から令和の世がスタート。日本では世間の全てが令和フィーバーである。

そして、日本企業DMMが所有しているシント=トロイデンでも「令和」についての勉強会が開かれたようで…。

『令和』の書き方を学んだのはヨアン・ボリとジョルダン・ボタカ。ふたりとも初めて漢字を書くにしてはなかなかお上手?

そして、5月1日の『令和』初練習は…。

なんとサバイバルゲームの練習!ファジアーノ岡山がかつて毎年無人島キャンプをやっていたことは有名で、ところどころのクラブで軍隊への体験入隊などもされている。

【関連記事】ベルギー1部でプレーした7名の日本人選手、全員分かる?

ただ、サバイバルゲームを練習に取り入れているところはなかなかないはずだ。シント=トロイデンの次の試合は6日、森岡亮太が所属するシャルルロワとの一戦だ。果たしてその効果はいかに…。