現在アヤックスで最も注目を集める選手となったDFマタイス・デ・リフト。19歳でキャプテンマークを任されており、最終ラインから攻守に渡って幅広く貢献している俊英だ。

彼に対してはもちろん多くのクラブが注目しており、今夏の去就が注目されている。

移籍先としてピックアップされているのはマンチェスター・ユナイテッドやバルセロナなど様々なビッグクラブである。

最終ラインに苦戦しているユナイテッドにとっては、デ・リフトは喉から手が出るほど欲しい人材であり、来季に向けて大きな投資を行う予定だとも言われる。

だが、かつてマンチェスター・ユナイテッドでプレーしたMFポール・スコールズの息子アーロンは以下のように投稿し、彼のためにはバルセロナに行ったほうがいいとだいぶ汚い言葉で語った。

アーロン・スコールズ

「僕はマタイス・デ・リフトをマンチェスター・ユナイテッドで見たい。しかしそれと同じくらい、彼がそれを選ぶことを望んでいない。

バルセロナに行ってくれ。そしてキャリアを楽しんでくれ。

なぜなら、我々は『Wank(オ◯ニー野郎)』であり、『bell-end(亀◯野郎)』で満たされているからだ」

【関連記事】注目するなら今!アヤックスが誇る「6人のワールドスター候補生」

辛口評論家として知られるポール・スコールズであるが、息子もかなり辛口である…。