リーグアン連覇を目前にしてるPSGだが、第32節ではリール相手に5-1の大敗を喫してしまった。

すでに多くの怪我人を抱えているなか、前半だけで2人が負傷交代になるアクシデントが発生。トーマス・トゥヘル監督は怪我人が多過ぎて手に負えない状態になっていると嘆いていた。

そのパリは18日に行われるナント戦で優勝を狙う。ただ、怪我人や出場停止者などの影響により、起用できる選手は限られている。

ネイマール、エディンソン・カバーニ、アンヘル・ディ・マリア、マルキーニョス、チアゴ・シウヴァ、トマ・ムニエは怪我。そして、マルコ・ヴェッラッティとフアン・ベルナトは出場停止。

リール戦で強行出場しなければならなかったティーロ・ケーラー(病気)とムサ・ディアビ(回復途中)も万全とは程遠い。さらに、アドリアン・ラビオも契約問題により起用できない状況にある。

また、一部ではトゥヘル監督もベンチ入り禁止処分になる可能性があるとされているが、これについては確定情報がない。

【関連記事】PSG、来季の新ユニフォームはこんなデザインになるみたい!

『RMC Sport』では、以下のような予想スタメンを伝えている。

GK:アレオラ(ブッフォン)

DF:コラン・ダグバ、ケーラー、キンペンベ、クルザワ

MF:パレデス、ダニ・アウヴェス、クリストフェル・エンクンク(ドラクスラー)

FW:ドラクスラー(シュポ=モティング)、ディアビ、エムバペ

いずれにしろ、ナントを率いるハリルホジッチ監督との再戦は注目を集めそうだ。