佳境を迎えつつある欧州主要リーグでは残留を巡る争いも熾烈になってきた。

1日に行われたセリエA第29節、ボローニャ対サッスオーロ戦は劇的な決着に。

1-1で迎えた後半アディショナルタイム6分、ボローニャFWマッティア・デストロが決勝ゴールを叩き出したのだ(動画3分26秒~)。

このゴールにより2-1で勝利したボローニャは降格圏を脱出!

インテルで育成され、ローマやミランでもプレーしたデストロ。28歳になった今季は大半が途中投入で、この日も93分からの出場だった。

そうした中での劇的決勝ゴールにユニフォームを脱ぎ捨てて大喜び。「ゴールはいつでも嬉しい、自分が苦しんでいたとしてもね。勝点3にとって重要なゴールになった。でも、また戦いは長い。僕らは立ち止まってはいけないよ」と語っていた。

だが、その後ボローニャは右大腿半腱様筋に故障によりデストロは2~3週間ほど離脱すると発表。

『Corriere Dello Sport』や『Sky』によれば、試合直後にシニシャ・ミハイロヴィッチ監督はこう述べていたそう。

シニシャ・ミハイロヴィッチ(ボローニャ監督)

「自分自身で怪我したんだと思う。ああいうシュートは3年くらいしてなかったのさ」

「彼は喜んでいる最中に自分で怪我をした。深刻でないことを願うよ」

【関連記事】謎すぎる怪我で離脱した12人の選手たち

ミハイロヴィッチはジョーク交じりだったというが、大事な時期にこんな形で離脱してしまうとは…。