リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドがしのぎを削り、日本人選手もプレーしてきたスペイン1部リーグ。

『AS』によれば、23年間続いてきた歴史が来季から変わりそうだという。それは公式球。

NIKEの試合球

これまでリーガではNikeのボールが使用されてきた。だが、来季からはPuma製に変わる見込みだそう。契約は2019-20シーズンからの3年間になるという。

1996-97シーズンからNike製のボールが使われてきたリーガ。2016年に延長されたNikeとの契約は2019年6月末までとなっていた。

Nikeの公式球はプレミアリーグでも使用されており、リーガとしてはユニークかつ一目で見分けがつくボールを探していたとか。

【関連記事】 「いま世界で最もボールプレーがうまいGK、TOP7」

リーガでは来季からバレンシアがPuma製のユニフォームに変わる。また、Pumaブランドの顔であるアントワーヌ・グリーズマンやルイス・スアレスらもリーガでプレーしている。