『BT Sport』は4日、「元イタリア代表GKジャンルイージ・ブッフォンは、マンチェスター・ユナイテッドとシティから誘われていたことを明かした」と報じた。

現在はパリ・サンジェルマンでプレーしており、水曜日にはマンチェスター・ユナイテッドとのベスト16 2ndレグを控えているブッフォン。

彼はそれに向けて以下のように話し、強くなり始めた頃のマンチェスター・シティからかなり大きな条件が舞いこんでいたと語ったそう。

【関連記事】プレミアリーグ、いま最強の守護神TOP5

ジャンルイージ・ブッフォン

「パルマでプレーしていた若い頃、あのサー・アレックス・ファーガソン氏が2~3年間私のことをチェックしていたよ。いつもスカウトを送ってきていた。

ただ、当時はパルマが私の世界だった。離れる気がしなかったんだ。

それからしばらくして、マンチェスター・シティから非常に大きなオファーを貰った。

その時、彼らはチームを構築し始めたばかりで、それからヨーロッパでも最も重要なクラブの一つになっていったね。

彼らはその最初の契約として私を求めていたんだ。しかし、私はユヴェントスに残った」