今年は6月から7月にかけてフランスでFIFA女子ワールドカップが行われる。

そうしたなか、ある女子サッカーの試合が秘かに話題だ。

イングランドのFA女子ナショナルリーグ、ワトフォード対ポーツマス戦は後半からとんでもない展開に…。

前半は2-1だったのだが、そこから信じられない展開になる。

後半序盤に2点を奪取したワトフォードが4-1と大量リード。試合は決まったかに思われたが、後半途中からポーツマスが怒濤の反撃を開始!

後半アディショナルタイムには4-4のタイスコアに持ち込む。だが、試合はこれで終わらず、終了直前にワトフォードが5点目をもぎ取って、勝利を掴み取った。

得点経過と最後のゴールシーンはこんな感じ。

ワトフォード女子vsポーツマス

最後までどちらも諦めなかったからこその壮絶試合だろうか。