ベシクタシュにローン移籍した香川真司は、デビュー戦でいきなり2ゴールを叩き出した。

ガラタサライの長友佑都とともに、今後はトルコの話題が増えそうだ。

そうしたなか、トルコのエルドアン大統領があるサッカーチームを賞賛した。『Sporx』によれば、こう述べたという。

レジェップ・タイイップ・エルドアン(トルコ大統領)

「バシャクシェヒルは私がイスタンブール市長だった時代に設立したチームだ。

かなりの成功を収めるようになったね。バシャクシェヒルを誇りに思う。

なぜなら私が作ったチームだからだ」

大統領が賞賛したのは、イスタンブル・バシャクシェヒル(イスタンブールBB)というクラブ。

エマニュエル・アデバヨールやロビーニョら擁する同チームは2位ガラタサライに勝点差8をつけて首位に立っている。

近年は4位→4位→2位→3位と躍進を見せており、初のリーグ優勝に迫っているのだ。

直近のアクヒサル戦にも3-0で勝利しており、大統領は「今日我々はアウェイで3-0で勝った。バシャクシェヒルはとてもとてもいい」とも述べていたとか。

なお、イスタンブールBBが創設されたのは1990年で、エルドアン氏が市長だったのは1994~1998年。