ついにプレミアリーグでの無敗記録が止まったマンチェスター・シティ。今週末はホームにエヴァートンを迎え撃つ。

そのエヴァートンではブラジル代表FWリシャルリソンが爆発中。そのため会見ではブラジルについての話題も多く出た。

『ESPN』によれば、ジョゼップ・グアルディオラ監督は、バルセロナでの選手時代の話も口にしたという。

指揮官が触れたのは、1992年12月に行われたインターコンチネンタルカップのサンパウロ戦だ。日本の旧国立競技場で行われた試合にペップはフル出場。

だが、バルサはフリスト・ストイチコフのゴールで先制するも、ライーの2発で逆転負けを喫した。

ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ監督)

「その決勝についてはよく覚えているよ。

サンパウロは我々を遥かに凌駕していた。ライー、(トニーニョ・)セレーゾ、ミューレルらがいた素晴らしいチームだったよ。

我々は打ち負かすことができなかった。

南米を数年間支配したチームだったね」

当時のバルサはヨハン・クライフ監督のもと2冠を達したドリーム・チームでもあったのだが、サンパウロに圧倒された記憶が残っているようだ。

なお、ストイチコフとミューレルは柏レイソルでプレーし、セレーゾは鹿島アントラーズを監督として指揮している。

その後、インターコンチネンタルカップはFIFAクラブワールドカップへと形を変えた。本日、鹿島がチバス・グアダラハラとの初戦を戦う。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら