冬の移籍市場オープンまで3週間ほどとなった。

ここでは、『sportskeeda』による「キャリアを復活させるために、1月に移籍する必要がある3人の選手」を見てみよう。

イスコ(レアル・マドリー)

イスコ

CL3連覇を成し遂げたジダンのレアルにおいて、中心人物のひとりだったイスコ。ハメス・ロドリゲスがチームを去らなければいけなかった理由も、彼が君臨していたからだ。

だが、イスコはまたもレアルにおいて隅に追いやられることになってしまった…。彼を寵愛したフレン・ロペテギが解任され、サンティアゴ・ソラーリが監督に就任すると、その立場は一変。4-3-3を好む新指揮官のシステムでは、居場所がないのだ。

26歳と今まさにピークを迎えているだけに、自分が特別な選手であることを示すためにも、毎週プレーする必要がある。プレミアリーグの列強が興味を示しているというが…。