フランス・リーグアンを現在3位と好調のモンペリエ。かつて2003-04シーズンには、廣山望氏(現JFAアカデミー福島・男子U15監督)もプレーしたフランス南部のチームだ。

今季ここまで12失点はパリ・サンジェルマンに次いで2番目に少なく、堅守が武器のチームは既に7試合でクリーンシートを達成。奇跡の優勝と言われた2011-12シーズンのチームも堅守がベースだったが、それを彷彿とさせる。

その優勝した11-12シーズンのキットはV字デザインだったが、今季のユニフォームは“横V字”ともいえるジグザグのデザイン。少々強引だが、そんな共通点を見出せるのも面白い。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Montpellier 2018-19 Nike Home

モンペリエ 2018-19 Nike ユニフォーム

伝統的にチームカラーのネイビーを基調とするホームキット。だが、今季はNikeのテンプレートでもあるジグザグのデザインが採用され、これまでのキットとは異なる印象を受ける。昨季まで鎖骨スポンサーだった「mutuelles du soleil」がメインスポンサーに。

モンペリエ 2018-19 Nike ユニフォーム

ネームナンバーは、もう一つのチームカラーであるオレンジ。至る所にスポンサーロゴを掲出するあたりが、フランスのチームらしい。

モンペリエ 2018-19 Nike ユニフォーム

コンプリートルックはこんな感じで、パンツはオレンジ、ソックスはネイビーが基本スタイル。