ヴィッセル神戸は1日、元スペイン代表FWダビド・ビジャの獲得を発表。アンドレス・イニエスタに続き“元バルセロナ”の選手が神戸にやって来る。

ビジャとイニエスタは、言わずと知れたバルセロナ時代の元チームメイト。その点が注目されるのはある意味当然だが、ビジャが残したインパクトという面では、まずバレンシア時代が先に思い出される。

ここでは、公式戦合計177ゴールを記録した2つの名門時代のユニフォームで、ビジャを振り返ってみたい。

Valencia 2005-06

ダビド・ビジャ 歴代 ユニフォーム(2005-06 バレンシア vs バルセロナ)

ユニフォーム:バレンシア/2005-06/Nike/ホーム/背番号:7

公式戦47試合28得点(ラ・リーガ37試合25得点 )

ビジャはレアル・サラゴサ時代の2シーズン(2003-05)で公式戦39得点を記録。その活躍がバレンシアの目に留まる。移籍1年目からゴールを量産し、チームのリーグ3位に貢献した。

ユニフォームの首周りと肩のブラックで彩った部分は、チームエンブレムのコウモリにどことなく似ている。これは偶然なのだが、かなり印象的だった。