川崎フロンターレは29日、「12月1日に行われるジュビロ磐田戦に、元ドイツ代表GKオリヴァー・カーンが来場する」と発表した。

この試合は「陸前高田ランド」として場外イベント広場で様々な催しを予定している川崎フロンターレ。

三陸海岸の食材を使ったスタジアムグルメが数多く出店するほか、これまでも好評だった餅まきも行われるという。

そして、その餅まきにゲストとして参加するのがなんと元ドイツ代表GKオリヴァー・カーンであるというのだ!

カーン氏は1969年生まれの49歳。ドイツ代表で長らく守護神を務め、その闘志あふれるプレーから「闘将」と高く評価されたゴールキーパーであった。2002年の日韓ワールドカップでも活躍し、ドイツを準優勝に導いている。

先日フロンターレのスタッフがシュトゥットガルトを訪れていたことが伝えられていたが、風間八宏監督が離れてから数年経ってドイツ色が強くなるとは…。