バルセロナの主軸としてプレーするウルグアイ代表FWルイス・スアレスとブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ。

2人はともにリヴァプールから獲得した選手だ。

だが、『Cadena SER』によれば、バルサは今後2年間はリヴァプールからの引き抜きが不可能だという。

その理由は、今年1月に起きたコウチーニョ移籍。この時、リヴァプールは「今後3年間は選手の獲得はしない」という条項を契約に付随させたそう。

すでにほぼ1年が経過しているが、バルサは今後2年はリヴァプール選手を獲得できないとか。もしこの話が事実ならば、バルサはこの条件を呑んででもコウチーニョが欲しかったということにもなりそうだ。

【厳選Qoly】予選メンバー外も…まだ「パリ五輪行き」があり得る国内の5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら