『Retesport』は11日、「現役引退した元アルゼンチン代表DFニコラス・ブルディッソは、ローマで働きたいと話した」と報じた。

インテルやローマ、ジェノアで活躍を見せ、昨季はトリノに所属したブルディッソ。今月現役を引退することを決め、37歳でスパイクを脱ぐことになった。

彼は今後について以下のように話し、願わくば愛するローマで働くことが出来れば幸せだと明かしたという。

ニコラス・ブルディッソ

「メッセージをくれたすべての人に感謝するよ。

僕はローマで5年間素晴らしい時を過ごした。そして、それはまだ人生最高のものとして記憶に残っているし、最大の経験だった。

たくさんの喜ばしい日があった。もちろん痛い日もあった。深刻な怪我に悩まされてしまったからね。だから、ローマのシャツを着てすべてを経験したんだ。

まだあの日々が美しいものとして残っているよ。ローマはおそらく自分のキャリアの頂点だった。メンタルはピークに達していたし、フィジカルも成熟していた。

願わくば、いつかローマに戻りたいよ。サッカーとともに生きるあの街との繋がりを感じている。

ローマがイタリアで、そしてヨーロッパの舞台で何かを獲得することを助けられれば、さらに美しいチャレンジになるだろうね。

いつもフォルツァ、ローマだ」