日本でもついに発売されたEA Sportsのサッカーゲーム最新作『FIFA19』。

今作で最もスピードが速く設定されていたのは、アダマ・トラオレ(ウルヴス)で96という値だった。

アダマ・トラオレ

キリアン・エンバペ(PSG)も同じくペース96だが、加速が1ポイント劣る。

ここでは、『Squawka』を参考に「FIFAシリーズ過去10作品の歴代最速選手たち」を振り返ってみる。

FIFA09:ゲイブリエル・アグボンラホー&セオ・ウォルコット

ゲイブリエル・アグボンラホーとテオ・ウォルコット

スピード96(ともに加速96/ダッシュ速度96)

アグボンラホーは当時アストン・ヴィラ所属/現無所属。ウォルコットは当時アーセナル所属/現エヴァートン所属

アグボンラホーにとってスピードは最大の武器であり、ゴールを奪う前にDFをブチ抜いたものだ。だが、昨季限りでヴィラを退団し、31歳になった現在は所属なしに…。

ウォルコットもそのスピードが常に頼りにされていた選手。全盛期は過ぎたが、エヴァートンでまだ有用な存在であることを証明してみせた。

FIFA10:ウォルコット

テオ・ウォルコット

スピード95(加速94/ダッシュ速度96)

アーセナルとイングランド代表でレギュラーになり始めていた頃。