かつてPSGやミランなどで活躍し、アフリカ人として初めてバロンドールを受賞した元リベリア代表FWジョージ・ウェア。

現役引退後には政治家に転身し、今年からは母国の大統領に就任している。

だが、このほど行われたナイジェリア代表対リベリア代表戦になんと先発出場していたぞ!

大統領が代表戦に出場するとは…。しかも彼は51歳!

現在アフリカではネーションズカップ予選が行われているが、この試合はフレンドリーマッチ。ウェアが着けた背番号14を永久欠番とするための記念試合でもあったようだ。