『Mirror』は9日、「ローマのジェームズ・パロッタ会長は、アリソンをリヴァプールに売却した理由について話した」と報じた。

昨年の夏はムハンマド・サラー、今夏はラジャ・ナインゴランとアリソンを放出したローマ。会長を務めているパロッタ氏やSDのモンチ氏には批判の声も上がっている。

なぜ放出しなければならなかったのか?パロッタ会長はクラブ公式のYoutubeで以下のように話し、外部の人には選択肢があるように見えるだけだと語ったという。

ジェームズ・パロッタ

「ムハンマド・サラーの件と似ている。

多くの人々は知らないのだ。あるいは多くの人々が知らないように見える。我々には選択肢がなかったということを。

難しかった。彼は契約を1年だけ残しており、退団を希望した。プレミアリーグで何かを証明できると感じていたんだ。

アリソンは簡単ではない。難しいことだった。

外から見ている人々は、選択肢があると思っている。多くの時間があると思っている。

しかしそうではない。その中で最高のものを作り上げようとしなければならないのだ。

簡単ではない。多くのことが想像されるものだが、多くの場合は選択肢などないのだ」