中国の上海申花でプレーする元セネガル代表FWデンバ・バは先日の長春亜泰戦で怒りをあらわにした。彼は相手MFチャン・リーから人種差別的な発言を受けたとされている。

『BBC』によれば、中国サッカー協会はチャン・リーに対して6試合の出場停止処分を科したとのこと。さらに、4.2万元(およそ67万円)の罰金も科された。

ただ、中国サッカー協会はチャン・リーについて「試合を妨げ、混乱と社会的な悪影響を引き起こした」としており、差別発言の有無については触れなかったという。