レスター・シティは9日、「フライブルクからトルコ代表DFチャーラル・ソユンジュを獲得した」と公式発表した。

移籍金は非公開となったが、メディアによれば1900万ポンド(およそ27.12億円) 程度になっていると伝えられている。契約期間は5年。

チャーラル・ソユンジュは1996年生まれの22歳。トルコ2部のアルトゥノルドゥでデビューし、すぐに著しい成長を見せたセンターバックである。

2016年に移籍したフライブルクでもレギュラーを獲得し、2シーズンのプレーで大きく評価を高めていた。

187cmの体格を活かした空中戦だけでなく、最終ラインからの組み立てや足元の技術にも優れており、アーセナル加入が目前だと伝えられたことも。

レスター・シティは今夏フィリップ・ベンコヴィッチに加えてチャーラル・ソユンジュを獲得し、さらにハリー・マグワイアの慰留にも成功。

最終ラインの層はかなり厚くなっており、さらにジェイミー・ヴァーディとの契約更新にもこぎつけた。

マフレズは放出することになったが、そのかわりに多くの選手がやってきた。これが今季の成績に繋がるかどうか?