8月に入り、欧州主要リーグの開幕が近づいてきた。

そんななか、あの選手もヨーロッパ行きを夢見ているようだ。小柄なサイドバックながら驚異の得点力を誇るブラジル人DFイアゴ・ピカチュウだ。

26歳になった彼は名門ヴァスコ・ダ・ガマでもゴールを量産。今季はここまで16ゴールを叩き出し、チーム内得点王に立っている。

『Globo』によれば、彼のブラジル代表入りを求める声もあるそう。そんなピカチュウは欧州に行くのが夢だと述べたそう。

イアゴ・ピカチュウ

「ヨーロッパに行くのが夢なんだ。でも、ここでやらなきゃいけないことがある」

これまで父親が代理人を務めていたというが、最近になって『Carlos Leite Sports』と契約したという。

同社はブラジル代表MFヘナト・アウグスト、DFファギネル、GKカッシオ、そしてアンデルソン・タリスカらを顧客に持つ。ピカチュウの欧州上陸はあるのだろうか…。