『Sky』は10日、「バルセロナに加入したブラジル人MFアルトゥールって、どんな選手?」という記事を掲載した。

9日に3500万ポンドという価格でグレミオからバルセロナへと移籍したアルトゥール。彼を獲得するためにパウリーニョが中国に貸し出され、外国人枠が空けられたのだ。

まだブラジル代表にも定着していない21歳が、これほどまでの注目を集めることになった。

大きな期待がかかるアルトゥールとは何者なのか?バルセロナに何をもたらすのか?

生い立ち

アルトゥール バルセロナ

アルトゥールはブラジル中央部のゴイアニアで生まれた。故郷のクラブであるゴイアスでキャリアを始め、2010年にポルトアレグレのグレミオに移籍した。

彼はユースレベルで輝きを見せ、ルイス・フェリペ・スコラーリ監督の下で2015年にデビューした。

2016年コパ・ド・ブラジルの優勝を経験したが、まだそのときには中心選手ではなかった。

その後ブラジル全国選手権で最優秀新人賞を獲得することに成功し、チームも4位と好成績を収め、リベルタドーレス杯にも出場。

グレミオは優勝してクラブワールドカップに出場したが、彼は怪我を負ってしまい、才能を見せる舞台に立つことはできなかった。