スウェーデンを撃破してワールドカップ準決勝に進出したイングランド代表。

『soccerbible』のインタビューに応じたGKジャック・バットランドが、チーム内で最も卓球の巧い選手を教えてくれたぞ。

ジャック・バットランド(イングランド代表GK)

「大会に出ている時、時間を潰すために一番いいのは、仲間たちと何かすることだよ。

ゲームルームに集ったり、一緒にカードゲームをしたり、そういったことをしたりだね」

「(卓球が一番うまいのは?)

ラヒーム(・スターリング)はとてもいいよ。

相手を打ち抜いてしまえば、彼は手を伸ばす必要もない。

ラヒームはいい選手だね」

イングランド代表の卓球No.1は、マンチェスター・シティに所属するFWラヒーム・スターリングだそう。

ラヒーム・スターリング

小柄だが相手を打ち抜くスキルがあるので、リーチの長さは関係ないということだろうか。どうやらサッカー以外のスポーツもイケるスポーツ万能選手のようだ。