Pumaは6月25日、テクニカルスポンサーを務めるJリーグ4チームの夏季限定ユニフォームを発表した。

昨夏に続く限定ユニフォーム企画で、対象チームは川崎フロンターレ、清水エスパルス、ジュビロ磐田、セレッソ大阪の4クラブとなっている。

ここでは川崎フロンターレが8月のホームゲーム2試合で着用する限定ユニフォームを紹介したい。

2018シーズンのJリーグ新ユニフォーム情報はこちら!

Kawasaki Frontale 2018 Puma Limited Edtion

川崎フロンターレ 2018 Puma 夏季限定ユニフォーム

シャツは今季のホーム・アウェイ両ユニフォームに使われている「LIGA(リーガ)」モデル。ブラックをベースとしたダークカラーに、フロンターレ・ブルーのカラーコンビネーションを採用している。

川崎フロンターレ 2018 Puma 夏季限定ユニフォーム

背番号からインスピレーションを得たナンバリンググラフィックは、【1955:母体クラブ(富士通サッカー部)の創設年】【1997:現クラブ名の決定年】【2017:J1リーグ初タイトル獲得シーズン】【12:サポーターの番号】を表現。

川崎フロンターレ 2018 Puma 夏季限定ユニフォーム

右袖にはリーグチャンピオンパッチと「KAWASAKI CITY」パッチを装着。右胸には玉虫色に変化するカラーシフトのPumaキャットロゴをプリント。