通算6度目のワールドカップが目前に迫っている日本代表。ロシア大会は初出場となった1998年のフランス大会から20年の節目でもある。そこで過去の日本代表ユニフォームを振り返ってみよう。

今回は2001年に使われた、通称「コントラストモデル」!

日本代表 コントラストモデル

コントラストモデルとは、2001年の1年間のみ使われたユニフォームのこと。ボディ部分と肩部分の色が対照的なことからその名が付いているが、正直なところ「取って付けた感」は否めない名称だ。

どちらかと言えば、「2001年コンフェデ杯モデル」のほうがしっくり来るのではないだろうか。

日本代表 歴代ユニフォーム 2001年 コントラストモデル

コントラストモデルは日本代表の欧州遠征で初使用。2001年3月24日にサンドニで行われたフランス代表との試合で、まずアウェイキットがデビューした。

日本代表 歴代ユニフォーム 2001年 コントラストモデル

一方ホームキットは、同年5月31日のコンフェデ杯開幕戦となったカナダ代表戦で初使用している。

この年、日本代表は国際Aマッチを13試合消化しているが、その対戦相手は3月のフランス代表に始まり、スペイン代表、カメルーン代表、ブラジル代表、パラグアイ代表、ユーゴスラヴィア代表、セネガル代表、ナイジェリア代表などと戦い、11月のイタリア代表戦で締めている。まさに錚々たる顔ぶれだった。