日本のユニフォーム好きならおそらく誰もが一度はお世話になったであろうサッカーユニフォームサイト『Football Shirts Voltage.com(サッカー各国代表&クラブユニフォーム)』を運営する小野有紀(yuuki_ono_99)氏が、ワールドカップ大会別のベスト5ユニフォームを選出する企画。

第2回は、日本が悲願の初出場を果たした1998年のフランス大会!(※第1回はこちら

5位 日本(asics ホーム)

我が日本代表の記念すべき世界デビューモデル。我々ユニマニアが勝手に名付けたいわゆる「炎Ⅱモデル」である(笑)。

当時3つのメーカーが、同じデザインのモデルを各年代持ち回りで供給するという世界でも珍しいシステムを取っていたが、ジョホールバルの歓喜を拝したadidasに対し、本大会出場の栄誉に浴したのはasicsであった。

そして日本メーカーのワールドカップ出場は後にも先にも、ただこの一度となるのである。ちなみに貧乏クジを引いたPUMAは96年アジアカップモデルや、96年女子代表アトランタ五輪モデルを供給していた。

1998 日本代表ユニフォーム

袖に配された炎のモチーフは西洋の人たちの目にはどのように映ったのだろうか?

当時はまだユニフォーム製作のコンセプトワークなど為されていない時代ではあったが、「忍者」や「侍」に繋がるような「東洋の神秘さ」が連想されるモチーフではある。ちなみに川口能活が纏ったGKモデルは、黒地にオレンジの炎が身頃全体を覆うという、さらに迫力あるデザインであった。

1998 日本代表ユニフォーム