『Daily Mail』は16日、「元マンチェスター・ユナイテッドのパク・チソンは、子供の頃にカエルジュースを飲まされていたと話した」と報じた。

かつては京都パープルサンガ、PSVアイントホーフェン、マンチェスター・ユナイテッドなどで活躍したパク・チソン。アジアの歴史上でも最高クラスの選手である。

しかし、彼が小さな頃病弱だったことは有名。それを克服させるため、父親はカエルを集めて煮詰め、それをチソンに飲ませていたという。

パク・チソン

「私の父親は、野生のカエルを捕まえに行っていたよ。

僕はとても痩せていて、体が弱かった。

そして父は、そのカエルの『ジュース』が、僕に体の大きさと強さを与えてくれると聞いたんだ。

その味はとても、とても酷いものだった。

しかし、それを飲まなければならなかった。なぜなら、僕はサッカー選手になりたかったから。

そして、みんなが言っていたからね。『サッカー選手になるなら、もっと大きく、もっと強くならなければならない』と。

彼らの言ってくれたことは、僕の体にとっては良かったよ。より強くなった。

そして、僕は何でも食べたよ。自分の体のためになるのならね」

フィジカルが弱いといわれる日本。もしかしてこれが大きなヒントに…。