バルセロナとレアル・マドリーによる伝統のエル・クラシコ。

アンドレス・イニエスタ最後のクラシコとして注目を集めた一戦は、2-2の引き分けに終わった。

そんな一戦で見られた“とある広告”が一部で話題だ。

バルセロナ対レアル・マドリー

試合中のワンシーン。よく見ると…。

ピッチ脇のLED広告に、『PES 2019 FULL REVEAL:MAY 9TH』の文字!

『PES 2019』とは、今年秋ごろに発売されるであろう『ウイニングイレブン2019』の海外版のことである。それが、5月9日に発表!?

「ウイニングイレブン」シリーズのKONAMIは、バルセロナとプレミアムパートナー契約を結んでいる企業の一つ。両者の関係はなかなかに密接であり、バルサの選手が試合でゴールを決めると「ウイイレ」の得点シーンがTwitterで配信されたりする。

今回のクラシコでもこの通り。

そして、世界的に注目を集めるクラシコだからこそ、このようなティザー的な広告を打ってきたとみられる。ウマい…。

というわけで、「ウイイレ」の最新作がまもなく発表されることになりそうだ。

※画像は『DAZN』の許諾を得て使用しています