『Sportskeeda』は23日、「アーセナルがペトル・チェフの後釜として獲るかもしれない5名のゴールキーパー」という記事を掲載した。

長くプレミアリーグでも屈指のキーパーとして知られてきたペトル・チェフであるが、今季はやや衰えが目立つシーズンとなった。

アーセナルは今夏のマーケットで彼の後釜となるゴールキーパーを獲得すると考えられており、大物選手の引き入れも期待されている。

噂になっているなかで、チェフのあとを任せられるであろうゴールキーパー5名とは?

ティモ・ホルン(ケルン)

ティモ・ホルン アーセナル

比較的新しい名前ではあるが、ティモ・ホルンはケルンで数年間印象的なプレーを見せている。クラブの状況がアレであるにもかかわらず。

24歳のケルン育ち。2014年にブンデスリーガでデビューし、いきなり5試合で1失点しか許さなかった。2016年は投票によるチームの年間MVPにも選ばれた。

2部でのプレーで立場を確固たるものにし、2年間で27回のクリーンシートを達成。大柄な体格を持ち、その反射神経は言及するに値する。

彼自身はケルン残留を希望していると言われるが、今季降格してしまったため、アーセナルにとっては獲得可能なターゲットの一人になるはずだ。