『Sportskeeda』は30日、「バルセロナが来季獲得することを考えるべき5名のウインガー」という記事を掲載した。

今季リーガ・エスパニョーラで優勝を果たしたものの、チャンピオンズリーグではやや不満の残る結末を迎えたバルセロナ。

エルネスト・バルベルデ監督にも一部のファンからは批判が相次いでおり、解任の噂もあるという複雑な状況だ。

さらにイニエスタの退団は決定しており、アンドレ・ゴメスらの去就も不透明。そのため夏にはいくつかの補強が行われると考えられている。

バルセロナが獲得を考えるべき5名のウインガーとは?

5:リシャルリソン(ワトフォード)

リシャルリソン バルセロナ

今季フルミネンセからプレミアリーグへやってきたリシャルリソン。適切なコーチングと環境があれば、より多くの成果を挙げられることを示した。

マルコ・シウヴァ監督の下で、シーズン前半には素晴らしいプレーを見せた。スピード、強さ、そして技能。

他のチームメイトと同様に、シーズンが進むごとに調子を落とし、この15試合では全くゴールに絡んでいない。

ワトフォードの不確実性を考えれば、リシャルリソンはバルセロナのような場所ではさらにうまく行くだろう…と思えるに十分な才能を見せている。その結果だけを見て厳しく判断するべきではない。

彼のスピード、どちらのサイドでも活躍できる能力は、バルベルデ監督には戦術的応用性を、メッシやコウチーニョには攻撃面での連携をもたらす。

額についてははっきりしないが、4000万ポンド(およそ60.87億円)も出せば獲得できるはずだ。