4月20日から行われているオーストラリア・Aリーグのグランド・ファイナル。

レギュラーシーズンの上位6チームが出場し、年間王者を決める2017−18のクライマックストーナメントだ。

浦和レッズに移籍したアンドリュー・ナバウトが所属していたニューカッスル・ジェッツは、2位になったため準決勝からの出場。

27日に行われたメルボルン・シティとの試合では、開始から14分で失点してしまう苦しい立ち上がり。

しかし、それを救ったのがクラブ・ブルッヘ(ベルギー)からローンでニューカッスルに来ている19歳のMFライリー・マクグリー。

味方からのダイレクトの浮き玉パスを、なんとスコーピオンキックでゴールへと叩き込む!これは尊い…。

さらにニューカッスルは75分にもホフマンのゴールが決まり、2-1とメルボルン・シティに逆転勝利することに成功した。

ニューカッスル初のリーグ総合優勝をかけたグランド・ファイナル決勝は5月5日にキックオフ。相手はメルボルン・ヴィクトリーだ。

もちろん、この勝利に感激していたアンドリュー・ナバウトも注目しているはずだ。