ブンデスリーガでの6連覇を達成したバイエルン。

すでに新シーズンに向け動き出していてもおかしくはないが、補強の第一号は若手DFになるかもしれない。

ドイツ『Sky Sport』によれば、アヤックスDFマタイス・デ・リフトに注目をしているという。

デ・リフトは1999年8月12日生まれの18歳。

アヤックスの下部組織出身でオランダの世代別代表を経験し、10代ながら身長188cm、体重89kgという恵まれた体格を持つ。

昨シーズンにトップチームデビューを飾ると今季ブレイクし、ここまでのエールディヴィジで30試合に出場するなどすでにアヤックスの主力選手である。

記事によれば、バイエルンはデ・リフト獲得に本腰を入れており、先週末に行われたPSV戦にも視察を送っていたそう。

デ・リフトの移籍金は5500万ユーロ(およそ72億9000万円)であるというが、高額にもかかわらずバイエルン以外ではマンチェスター・シティも興味を抱いているとのこと。