今季限りで愛するアトレティコ・マドリーから退団することになったフェルナンド・トーレス。

『Marca』では、MLSや中国が新天地になりうるとしつつ、MLSの5チームが彼の獲得を狙っていると伝えている。

それは、ニューヨーク・シティFC、シカゴ・ファイヤー、モントリオール・インパクト、スポーティング・カンザスシティ、シアトル・サウンダースだという。

このなかで、ニューヨーク・シティには元スペイン代表FWダビド・ビジャが所属している。トーレスとビジャと言えば、スペイン代表でコンビを組んできた間柄だ。

トーレスとビジャ

もし2人のタッグが復活すれば、かなり胸熱!

なお、36歳になったビジャは、ふくらはぎの怪我もありつつ、今季のMLSにおいて出場3試合で1ゴール1アシストを記録している。