史上初の2部降格の危機に瀕しているハンブルガーSV。だが、第29節では2位シャルケ相手に3-2で勝利し、実に昨年11月以来となる勝点3を手にした。

そのなかで、伊藤達哉は先発フル出場。切れ味鋭いドリブルで2点目の得点を演出する活躍を見せた

163cmの小柄なドリブラーはチームメイトたちから確かな評価を得ているようだ。

『Bild』や『Welt』などによれば、監督や同僚たちはこう述べたそう。

ルイス・ホルトビ(ハンブルクMF)

「彼は(シャルケMF)ダニエル・カリジューリが目まいを起こすようなプレーをしたね」

クリスティアン・ティッツ(ハンブルク監督)

「彼には素晴らしいクオリティがある。絶対的な1vs1(に強い)選手だ。

そのハイスピードによって、ファーストタッチで相手を抜くことができる」

「彼は自信を必要としている若い子だ。時に選手をハグして、こう伝えるのはたやすいことさ。

『君は私にとって最高の1vs1選手だ。ボールを持って、相手をやっつけろ』とね」

リク・ファン・ドロンゲレン(ハンブルクDF)

「(全体練習の)後に彼はよくウェイトルームで体を強化しているよ。

(シャルケ戦の)ハーフタイムに彼にこう伝えたんだ。『1vs1のデュエルを仕掛けろ。相手は君を怖がっているぞ』ってね。

まるでメッシみたいだった。リオネル・イトウだよ」

ハンブルクは次節で7位ホッフェンハイムと対戦。伊藤と酒井高徳の活躍にも期待したい。