Jリーグの開幕戦でヴィッセル神戸と対戦するサガン鳥栖。

そんな鳥栖に関して驚きの発表があった。

開幕を2日後に控えた21日(水)、今シーズンからスタジアムDJが変更になると突如伝えられたのだ。

当初は淡々と伝えられたこのニュース。

しかし、前任者のツイートによりその波紋はさらに広がっている。

ベストアメニティスタジアムでDJを務めていたのは、フリーアナウンサーのYUYAさん。

鳥栖フューチャーズ時代からチームを支えた存在で、その重低音ボイスには味があり、得点後に流れる「GOAL!」の連続アナウンスとコールアンドレスポンスはベアスタの名物でもあった。

そんなYUYAさんはTwitterに「シンプルに、自分の力量不足でオファーがありませんでした」とコメント。

「今回足りなかった何かを探す契機にしたいと思ってます」と前向きなメッセージを残しているが、長年チームに尽くしてきただけに、何かしらのショックを抱えているのは明らかだ。

後のツイートで、「やっぱ凹んでました」と認めたYUYAさん。

やはりサポーターからは熱いメッセージがたくさん届いたようで、その優しさが染み入ったという。

それにしても、あまりにも突然の発表である…。