今月欧州サッカー連盟(UEFA)が発表した、2016年度版の「The European Club Footballing Landscape」は大きな話題になっている。

これは欧州のリーグに所属しているサッカークラブの経営状況を様々な観点からデータ化、ランキング化したものだ。

今回はなかなかマニア向けというか、知りたくても知られない順位。事業費用が多いクラブを取り上げてみよう。

運営を行うためのランニングコストを最もかけているクラブはどこなのか?もちろん2016年のデータであるので注意。

20位:ローマ(イタリア)

ローマ 事業費用

事業費用:6億6000万ユーロ(81億円)

総収入の中での割合:28%

19位:レヴァークーゼン(ドイツ)

レヴァークーゼン 事業費用

事業費用:6億6200万ユーロ(83.7億円)

総収入の中での割合:33%