ハンブルガーSVに所属する酒井高徳。

ファンからの質問に答える形で、ある秘密を明かしてくれた。

酒井と言えば背番号「24」が代名詞である。

アルビレックス新潟時代、2種登録の間は別の番号だったが、プロ契約を結んでからは3シーズンにわたっては24番を選び、ハンブルガーSVでもこのナンバーをつけている。

なぜ酒井は24番を選び続けるのだろうか?

「思い入れのある背番号は?」と問われ、以下のように答えている。

酒井 高徳(ハンブルガーSV)

「24番です。

っていうのは、高校の恩師が現役時代に24番をつけていて、新潟時代にプロ契約した時に初めて24番をいただいて。

その頃からその恩師に今でも恩があるので、出来る限りは24番をつけたいと思っていて。

思い入れのある番号は24番です」

酒井は新潟のユース時代、片渕浩一郎の指導を受けており、同氏を今でも尊敬しているのだそう。

片渕氏は現役時代、新潟に24番をつけている。