『Metro』は25日、「マンチェスター・ユナイテッドのロメル・ルカクは、ディディエ・ドログバとの違いについて語った」と報じた。

かつて若くしてチェルシーに引きぬかれたものの、出場機会を求めて2014年にエヴァートンへ移籍し、今夏マンチェスター・ユナイテッドと契約したルカク。

体格やフィジカル面の強さから、かつてチェルシーで大活躍を見せた元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバと比較する声もある。

しかしそれについて聞かれたルカクは以下のように話し、全く違うプレーヤーだと説明した。

ロメル・ルカク

(ディディエ・ドログバと似ていると言われるね?)

「違うと思うよ。ドログバはよりターゲットマンだったからね。僕はもっとボールを持ってプレーし、裏に走っていくタイプだ。

フィジカル的な面では似ているところがあるね。しかし、我々は全く違った選手なんだ。

僕はロメル・ルカクだ。そして、自分の歴史を作っていきたい。

そして、ドログバはチェルシーにいた選手だ。僕はマンチェスター・ユナイテッドにいる。それは大きな違いだね!」

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名